楽園不動産の日常

「大工さんと行く建築日帰りツアー in 岡山県」後編

2017年05月31日
大工さんと行く建築日帰りツアー in 岡山県」後編
岡山市の西部に位置する、後楽園から車で約30分ほど走ったところにあります
「吉備津神社」。

大吉備津彦大神を主祭神とする山陽道屈指の大社です。
大吉備津彦大神は、記紀によれば、崇神朝四道将軍の随一として、この地方の賊徒を平定して
平和と秩序を築き、今日の吉備文化の基礎を造られたとされています。

IMG_8853

本殿は比翼入母屋造(ひよくいりもやづくり)。吉備津神社でしか見られない特殊なもので、
吉備津造りとも呼ばれています。

IMG_8863

本殿と拝殿は1425年に再建されたもので国宝に指定されています。
平成20年秋に、約半世紀ぶりに葺き替えが行われました。

本殿・拝殿の他に国宝ではありませんが、
メンバー全員の反応が良くテンションの上がった県指定重要文化財「廻廊」。



天正7年(1579年)再建、全長360mにもおよび、
自然の地形そのままに一直線に建てられています。

IMG_8879

大昔の仕事を直接見て肌で感じる大工さん。
素人ではわからない何かを読み取っているのでしょうか。

実際に現地で見て触れて、体感する。写真や映像では気づかなかったことや
わからなかったことを感じることができすごく勉強になります。

 

最後に立ち寄った建築「大福保育園」。
建築家:竹原 義二

IMG_8930

外観からの見学だけで中も見たかったですが、残念ながらお休み。
建築家の設計した保育園でのびのびと動き回る子供たちの笑顔が浮かび、
元気な声が聞こえてきそうな建築でした。

3回にわたりお届けしました「大工さんと行く建築日帰りツアー in 岡山県」。
今回の旅の目的は坂本大工さんと若手大工さんが国家資格である一級建築大工技能士を
取得しましたお祝いを兼ねて企画いたしました。



受験の何ヶ月も前から仕事終わりに練習、休みの日に勉強をしている姿を見ていたので
合格して本当に良かったですね。おめでとうございます!!
さらなる技術向上を目指して良い建築を感じにまた行きましょう。



中島さんまた運転お願いします(笑)

では、またいつの日か。。。

楽園不動産 中島 彰悟
TOPへ戻る

楽園不動産の旅マガジンはこちら

楽園不動産のフェイスブックページはこちら

  • いいね!
楽園不動産の日常

「大工さんと行く建築日帰りツアー in 岡山県」続編

2017年05月07日
「大工さんと行く建築日帰りツアー in 岡山県」続編
閑谷学校のある備前市からさらに西へ車で1時間ほど移動しまして岡山市へ。

ちょうどお昼どきに着いたのでお腹を満たしにランチへ。

高知で有名な美味しい鰹のたたきが食べられるお店「明神丸」が岡山のイオンモール内にできたと
知人から聞いたので行列覚悟でいってみました。

IMG_8791

比較的行列もなく入ることができラッキーでした。
またまた中島さんには失礼しまして乾杯!
藁の香りがふわっと鰹の旨味がガツンとくるたたきとビールがよく合うこと(^^)
またわさび、ねぎ、みょうが、にんにくと薬味の相性も抜群です。
初めて食べたのですが、塩で食べる鰹のたたきも結構いけました。

IMG_8795

お腹も満たされた私たちが向かった先は後楽園。

その前に予定にはなかったのですが、後楽園の向かいにある岡山城へ。

すると行って見てビツクリ!?
岡山城がカラフルにデコレーションされているではありませんか?!

IMG_8805IMG_8809

キャンペーンの一環で一時的なものだそうです。(外観装飾 2017年4月1日~5月7日)
岡山の名産を色で表現しているらしく、
ピンクは桃、キミドリはマスカット、ブルーはデニムの色だそうです。
岡山を盛り上げようと頑張ってこのような形になったと思いますが、ちょっと残念でした。

天守閣には入らずに後楽園へ。
後楽園側から見た岡山城は装飾されていませんでした。
なにも装飾されていないほうがいい雰囲気です。

IMG_8817

 

「岡山後楽園」
岡山藩主池田綱政公が家臣の津田永忠に命じて、
貞享4年(1687)に着工、元禄13年(1700)には一応の完成をみました。
その後も、藩主の好みで手が加えられましたが、
江戸時代の姿を大きく変えることなく現在に伝えられてきました。

IMG_8830

閑谷学校でもでてきた人物、池田綱政と津田永忠。
300年以上もありつづける建築と庭園。
歴史を勉強しながら建築をみるとまた違う楽しみがありますね。



日本三名園の一つでもある岡山後楽園。

IMG_8835

桜も綺麗に咲いていました。

帰ってきて建築家の藤森先生とお話ししていると「後楽園内にある流店とかいいよ」、、、
見逃していました。
また行きたいと思います。

次回、岡山市にある国宝をご紹介します。

楽園不動産 中島 彰悟
TOPへ戻る

楽園不動産の旅マガジンはこちら

楽園不動産のフェイスブックページはこちら

  • いいね!