楽園不動産の日常

奈良 松伯美術館

2017年02月28日
2月ももう終わりですね、春はまだかな?
春が待ち遠しい中島です。

若草山の山焼き、ならまち格子の家に続きまして今回も奈良をご紹介させていただきます。

IMG_4390

奈良市登美ヶ丘の閑静な住宅街にあります「松伯美術館」です。

松伯美術館は、上村松篁・淳之両画伯からの作品の寄贈と近畿日本鉄道株式会社からの基金出捐により
1994年3月に開館。

IMG_4375

美術館の東側に隣接する故佐伯勇近鉄名誉会長の旧邸です。
建築家の村野藤吾氏が設計した木造による数寄屋建築で、昭和40年に建てられました。

IMG_4429

残念ながら一般公開はされいてませんが、開館日の土曜・日曜・祝日に限り、11時から15時の間、
内庭で喫茶が営業されていてます。庭を眺めながら優雅にお茶を嗜むことができます。

IMG_4408

旧佐伯邸内にある茶室「伯泉亭」は茶会や句会などによる使用ができるとか。
伯泉亭で一度でいいから茶会に参加してみたいと思ったりしながら、内庭の喫茶でコーヒーを飲みました。

IMG_4416

松伯美術館に戻ると、、、

全く動かない鳥がいました。

この鳥も春を待っていたのでしょうか。

目を細めなんだか悲しげでした。

春よこい、早くこい。。。

IMG_4423

楽園不動産 中島 彰悟
TOPへ戻る

楽園不動産の旅マガジンはこちら

楽園不動産のフェイスブックページはこちら

  • いいね!
楽園不動産の日常

奈良 ならまち格子の家

2017年02月15日
ならまちを散歩してきました。

ならまちにあります「ならまち格子の家」。

IMG_1222

ならまちの伝統的な町家を再現しています。
昔の奈良の町家の生活様式に直接ふれ、町民の暮らしぶりをうかがえる施設です。

IMG_1128

間口は狭く、奥行きが深いのが特徴です。

IMG_1155

また奈良町の情報提供の場、観光客や市民の憩いの場としても利用されています。
有名な観光スポットとして遠方から外国の方までたくさんの人で賑わっています。

IMG_1142

箱階段を上がると大きな剥き出しの梁に渋い色合いの落ち着いた空間。



台所部分が吹抜けになっていて空気と明かりが2階に気持ち良く入ってきます。
「おくどさん懐かしい」という観光客の方の声も聞こえてきました(^^)



ならがまた一段と好きになった私、まだまだ他にもありそうですね。
奈良に行った際は是非寄ってみて下さい。

楽園不動産 中島 彰悟

IMG_1215
『ならまち格子の家』
開館時間 :午前9時~午後5時
休  館  日 :月曜日/祝日の翌日(土日を除く)/年末年始12/26~1/5
入  館  料 :無料
TOPへ戻る

楽園不動産の旅マガジンはこちら

楽園不動産のフェイスブックページはこちら

  • いいね!