楽園不動産の日常

茨木春日野教会『光の教会』

2016年03月31日
淡路島で安藤忠雄の建築を見てますます気になった私は楽園不動産がある枚方市から近場でないか
探してみると出てくる出てくる、沢山ありました。中でも目に飛び込んできたのは『光の教会』。

IMG_6410

十字架の形をした窓が正面の壁いっぱいにくりぬかれ、そこから太陽の光が教会に差し込んでいます。

IMG_6364

また明るい光の十字架を際立たせるために床や椅子は木造で
工事用の足場板を流用していて黒のオイルステン塗装がされています。

IMG_6306

光の教会は信者席が階段状になっており、一番下に祭壇があります。
箱形のシンプルな教会ですが光の十字架にもうひとつ印象的な15度の角度で斜めに室内に貫入する壁です。
これもまた光の十字架を際立たせる役目になっているとか。

IMG_6394

ひとつ残念だったのが防寒のために足元に明るい色の電熱シートが敷かれていたこと。
建設予算がない建築だった上、安藤さんの冷暖房はいらないというこだわりが少し残念な方向へと
傾いている気がしました。
されど素敵な教会。ものづくりに賭ける想いを感じることができ、行って本当に良かったと思います。

IMG_6349
礼拝堂に隣接する日曜学校

茨木春日丘教会は、プロテスタント教会に分類され、
日本最大の合同教派である日本キリスト教団に所属する教会。
月に4-5回ほど見学日を設けられていて
茨木春日野教会のホームページから予約をして見学することができます。

IMG_6322

見学に行く前にお勧めBOOK『光の教会 安藤忠雄の現場』。
本書はこの光の教会がどのようにして構想され、出来上がるまでに携わった
施主・設計事務所・施工会社の行動、建築への思いが描かれています。

IMG_6405

まだ行ったことがない方は、是非予約して行ってみてください。
閑静な住宅街にあり近くに駐車場がないため公共交通機関を使って行かれることをおすすめいたします。
また行かれたら感想お聞かせ下さい(^^)

楽園不動産 中島 彰悟
TOPへ戻る

楽園不動産の旅マガジンはこちら

楽園不動産のフェイスブックページはこちら

  • いいね!
楽園不動産の日常

淡路島 淡路夢舞台

2016年03月14日
淡路島の東岸、海を望む高台にあります『淡路夢舞台』。
淡路花博が開幕した2000年にオープンされた複合文化リゾート施設です。

IMG_7942

山の斜面に沿って階段状に並んだ100個の花壇「百段苑」は圧巻です。
是非一番上まで階段を上がって見渡して見て下さい。
百段苑の色とりどりのお花に国営公園のいきいきとした緑、そして大阪湾の青い海。
スカッと晴れた空の下、時間を忘れのんびり過ごすのは至福のひとときです。

IMG_7870

約28haの敷地面積があるそうなんですが、ヘクタールと言われても想像がつきませんよね。
東京ドームで言うと約6個分でしょうか。それもまたピンときません(^_^;)
とにかく広いのでみどりやお花を見ながら散歩するのも気持ちいいでしょう。

IMG_7824

IMG_8014

敷地内には「百段苑」、「ウェスティンホテル淡路」、「円形フォーラム・楕円フォーラム」、
「淡路夢舞台国際会議場」、「奇跡の星の植物館」など自然豊かなところに存在感のある建築。
建築家安藤忠雄という人物・建築がますます気になってしまった淡路島の建築でした。

楽園不動産 中島 彰悟
TOPへ戻る

楽園不動産の旅マガジンはこちら

楽園不動産のフェイスブックページはこちら

  • いいね!