楽園不動産の日常

淡路島 安藤忠雄

2016年02月29日
前回に引き続き淡路島にある安藤忠雄の建築をご紹介いたします。
去年、『建築家と行く名建築探訪バスツアーin淡路島』に参加された方は、
建築を見物しながら交久瀬先生の貴重な説明を聞かれたかと思います。うらやましい限り。
行った人も行ってない人も今一度、私中島にお付き合い下さい。

淡路島北東部の大阪湾を一望できる小高い丘に建つ『本福寺 水御堂』。
初めて見に行く私はワクワクしながら本福寺正門から水御堂とよばれる本堂へ足を進めました。
雑木林をくぐり抜けるとそこにドーンッと大きなコンクリート造りの壁が目の前に!

IMG_7666

IMG_7669

そして壁を回り込むと楕円形の大きなコンクリート造りの蓮池がありました。

IMG_7730

6月になると、約2000年前の地層から発見された大賀ハスが大輪の花を咲かせ、
夏には大きな蓮池一面に紅白のスイレンが美しく咲くそうです。

IMG_7705

蓮池の中心には下へ降りる階段があり、

IMG_7675

IMG_7729

階段を下りると朱に塗られた回廊を少し進めば本堂があり、
淡路市指定重要文化財の本尊薬師如来が静かに安置されています。
残念ながら本堂は撮影不可なのでここまで。

IMG_7723

自然の光が取り込まれる設計になっていて夕暮れ時になると、
薬師如来像を背面から西日が差し込み神々しい雰囲気に包まれるそうです。

本福寺に三洋電機の創業者井植歳男の記念碑があり気になって調べて見ると、
井植家の菩提寺で井植歳男さんが住職にした
「三洋電機が大きくなったら立派な寺にしてあげる」という約束を
息子である三洋電機元会長兼CEOの井植敏さんが果たすため
安藤忠雄氏に依頼したようです。

みなさま『本福寺 水御堂』はいかがでしたでしょうか?
私はまた訪れてみたいと思いました。次行くときは夕暮れ時に行ってみたいですね。
もうひとつご紹介したかったのですが、今回はここまで。
次回、淡路夢舞台をご紹介させていただきます。

今日は四年に一度閏年の2月29日。春はまだかな?
楽園不動産 中島 彰悟
TOPへ戻る

楽園不動産の旅マガジンはこちら

楽園不動産のフェイスブックページはこちら

  • いいね!
楽園不動産の日常

淡路島 TOTOシーウィンド淡路

2016年02月15日
建築家安藤忠雄が設計した施設に泊まることができるTOTOシーウィンド淡路。
大手陶器メーカーのTOTO保養所で、現在では一般客も宿泊することができます。

IMG_7596

大阪湾に面した断崖に建ち大阪湾を一望できます。
IMG_7599

入口が建物最上階(8階)にあり、客室がある2階3階に降りるのにエレベーターを使うのですが、、、
7階のホールからエレベーターまでのブリッジに屋根がありません?!
雨ざらしで雨が降ると部屋に行くのに傘が必要です。
うん?どこかで聞いたことのあるフレーズ?!

IMG_7624

風を感じられる、自然と共生するということなのでしょうか。

IMG_7638

ますます気になる安藤ワールド。次はどこに行きましょうか!
次回お楽しみに(^_^)/~

楽園不動産 中島 彰悟

※TOTOシーウィンド淡路は館内外のメンテナンス工事および設備点検の為、平成28年3月18日まで休館。
TOPへ戻る

楽園不動産の旅マガジンはこちら

楽園不動産のフェイスブックページはこちら

  • いいね!